プジョー相模原
 

スタッフブログ

前へRelated次へRelated
土用の丑
[2019/07/27]
kobori.jpg

プジョー相模原スタッフブログをご覧の皆さま、こんにちは!

ショールームアテンダントの小堀です。
 
e68a2cb45c627d972d4f67990bc50d22_t.jpg

今日7月27日は土用の丑の日です!

この時期になると飲食店やスーパーにもうなぎが並びますよね!

私も毎年なんとなく食べるようにしていましたが
どうして土用の丑の日にうなぎを食べるようになったのでしょうか?

気になったので少し調べてみました☆



まず「土用」とは古代中国の自然哲学である五行思想を基に定められた暦です。

この「五行」とは木行・火行・土行・金行・水行のことで
それぞれ春・夏・季節の変わり目・秋・冬の季節の象徴となっています。

このうちの土行(土用)は季節の変わり目の象徴とされ
四立(立春、立夏、立秋、立冬)の直前、18~19日の期間を指します。

2019年の立秋は8月8日なので今回の土用は7月20日~8月7日ということになります。



そして「丑の日」とは十二支の中の丑を指しています。

今では十二支は年賀状などその年の干支くらいでしか馴染みがありませんが
かつては日にちや時間を数えるのにも十二支を使用していました。

私たちも知らない間に、丑の日は12日に1度周ってきているんですね!



つまり土用の丑の日とは四立の直前18~19日の間のうち
12日周期で割り当てられている十二支が丑の日ということになります!



ちなみに土用が18~19日間であるのに対し、十二支は12個しかありません。

そのため十二支の周期によっては土用の丑の日が2日になる年もあるんです!

この短期間でうなぎが2回も食べられちゃうなんて、なんだかお得ですね(*^^*)



そして、この日にうなぎを食べる習慣は江戸時代ごろからあったそうです。

この起源として伝えられているのは、江戸時代の蘭学者である平賀源内が
うなぎ屋の知人から冬が旬のうなぎは夏になると売れ行きがよくないと相談を受け
「本日丑の日」という張り紙を店に貼るというアドバイスをしたところ大繁盛したというものです。

当時、丑の日は「う」から始まる食べ物を食べると夏負けしないという風習があったため
多くの人がこの張り紙に共鳴し大ヒットに至ったんだとか!

これを他のうなぎ屋もこぞって真似るようになり、
次第に土用の丑の日はうなぎの日という習慣が定着したとされています。




とはいえこれから梅雨も明け、暦上でも新しい季節になる時期なので
体力を付けて夏を乗り切るためにも滋養強壮が強いうなぎを食べるのにはピッタリの時期ですね!

今年の梅雨は雨続きでスッキリせず、かと思ったらいきなり暑くなったり…と
気候の変化についていけず体調を崩された方も多いのではないでしょうか?

私も少し前まで風邪でダウンしていたので
今日はうなぎを食べて元気に夏を迎えたいと思います!!