プジョー相模原
 

スタッフブログ

前へRelated次へRelated
モンブラン・ウルトラトレイル
[2018/03/13]
城.jpg
こんにちは
  
プジョー相模原 スタッフブログをご覧いただきましてありがとうございます


モンブランという名前は聞いたことがありますよね

そう、あのケーキです

この山のようなケーキをモンブランと呼ぶようになったそうですよ

モンブランは、ヨーロッパアルプスの最高峰であり、その山岳地帯は、フランスだけでなく、スイスやイタリアにもまたがっています
 
1s.jpg
そんな有名なモンブランで、トレイルランニングの大会が開催されます!

168キロメートルの小道を走るシンプルなコースとなっているそうですよ

しかし、とっても人気の高い大会で、参加者が事前登録者の中から抽選で選ばれることも多いんです

2003年に始まり、2009年には日本にも広く知られるようになりました

日本でも人気は高まり、姉妹レースのウルトラトレイル・マウントフジも開催されるようになったんですよ!

モンブランに挑戦する前に、富士山に挑戦してみてもいいかもしれませんね


この大会は、5つのカテゴリーにわかれています

1番の花形はもちろん、168キロメートルの超ロングコースです

制限時間は46時間で、その間にこの過酷なコースを走り切る必要があります

実は、ハイキングで回ると、1週間ほどかかるそうですよ

そんなコースを46時間で走るなんて、かなり厳しそうですね

このコースを全て走ると、フランス、イタリア、スイスの3カ国を全て回ることができますよ

それもとっても魅力的なのですが、何より素敵なのが、コースから見える大パノラマです

世界一美しいトレイルレースとも言われているんですよ
 
2s.jpg
モンブラン・ウルトラトレイルは、世界最大の市民トレイルレースで、なんと、87カ国からトレイルランナーが集まります

日本からも毎年100人ほど参加しているそうですよ

しかし、移動時間も含めると7日から8日間必要となるので、かなりの気合が必要そうですね


世界最大のトレイルレースではありますが、全ての人が完走できるわけではありません

初年度はなんと、完走率はたったの10パーセントだったんですよ!

それほど難しいコースなんですね

しかしそれが逆に、人気の理由ともなっているそうです

ハードルが高いほうが燃えるんですね!
 
3s.jpg
モンブラン・ウルトラトレイルのレジェンドとも言われている人がいます

マルコ・オモロさんです

彼は、2006年と2007年の大会で連覇を果たしたのですが、そのときなんと、58歳と59歳だったのです!

他のスポーツでは考えられませんよね

しかし、トレイルレースは、体力だけでなく、技術や精神力が求められるため、マルコさんはこの偉業を成し遂げられたのですね


苦しい道のりがあるからこそ、美しい光景や、ゴールの瞬間に、感動があるのかもしれません

そして、その挑戦を始めるのに、遅すぎることはないんですね

トレイルレースに挑戦してみてはいかがでしょうか?


※画像は「フランス観光開発機構」様より転載させていただきました